読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性ゴルファーが取り組むべき練習とは

もうゴルフの予定は組まないつもりでしたが、会社の女性から練習のお誘いがありました!

 

11月13日がゴルフなので前日に練習へ行きたい!とLINEをもらった10分後に呼び止められて口頭でも誘われました。

 

もう私に断る権利はなさそうです。

 

そもそも私はゴルフの前日に練習はあまりオススメしないのです。前日に練習したら疲れますし、上手くやれる気になって張り切り過ぎてしまうのでゴルフに悪影響だと思っているのです。

 

まあでも、先輩はゴルフが楽しくて仕方ない時期なので今後のゴルフ仲間を増やすためにも頑張ってこようと思います。

 

実は2週間ほど前にラウンドの後の練習に付き合ったのですが、ボールが右へ右へチカラなく飛ぶのを治したいとおっしゃっていました。

 

その時、私の送ったアドバイスは1つだけ。ボールにあたった後のフォローをいくら綺麗に振っても無駄。インパクトまでを一生懸命振って、ボールにあたったらクラブをストップさせていいですよと。

 

女性ゴルファーは男性よりもボールが飛ぶこと、ボールが上がることが重要です。男性であれば腕力である程度ボールを飛ばして上げる事は可能ですが、女性は腕力がないのでクラブに仕事をさせないとボールが飛ばないし上がらない。

 

クラブに仕事をさせるとはズバリ、シャフトを上手くしならせることです。

 

釣竿をイメージしたらいいと思うのですが、先っちょはまだ進んでいるのに手元をストップさせると、グイーンとしなりますよね。

 

あの感じです。

 

この練習は勝手にクラブがしなります。まずはその感覚を養うためのものです。

 

女性ゴルファーはキレイなスイングに憧れます。もちろんキレイなスイングは効率のいいスイングで球も飛ぶのですが、まずはシャフトのしならせ方を覚えた方が楽に飛びます。

 

今度の練習では、またこのドリルだけをやってもらうつもりです。

 

もちろん女性ゴルファーなので、練習中は声が枯れるほど褒めます!笑

練習も楽しくやるのが1番です!