読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスショットをした時に前向きになる考え方

ミスショットは悔しいです。

 

『右はダメだぞ』とつぶやきながらドライバーを振ったら、右のOBに一直線。

 

『さあ。ベタピンだ』と意気込んで、グリーンまで100ヤードでザックリ。

 

『傾斜が強いから無理をしないように』と思っても、フルスイングしてしまって空振り。

 

ゴルフにはやっちまったミスが多くあります。

 

ミスショットすると悔しい

 

『なんて馬鹿な事を』『こんなはずではなかった』と肩を落としてフェアウェイを歩いてるゴルファーを見た事ないですか?

 

自分で落ち込むだけならいいんですけど、怒りまくるゴルファーもいますね。

 

かくいう私も昔はミスショットしてすぐ落ち込むゴルファーでした。

 

『練習もしたのに、こんなしょうもないミスをしてしまった』と落ち込むんですね。

 

でも、最近はラウンド中に落ち込むことはほとんどなくなりました!

 

ちょっとだけ考え方を変えたからです。

 

私は将来的にはサクッとパープレイで回れるゴルファーになろうと思っています。

 

なので、今はまだ道半ばなんですね。

 

このミスも、あのミスも、いつの日かサクッとパープレイで回れるゴルファーになる経験だと思うようにしたんです。

 

ミスショットしたら

 

『次の課題が見つかって、ラッキー』くらいに思ってます。

 

ミスショットしてま前向きになるまでの時間がグッと早くなります。

 

スコアも良くなりました。

 

どちらかというとスコアに波があるタイプだっんです。

 

バーディも取れるけど、ダブルパーもあるなんてのはザラでした。

 

一度、1ラウンドでOB4回して75で回った事もあります。そのかわり、90オーバーする日もありました。

 

最近はスコアの幅が狭まってきてます。

 

今年の春先からかなりのラウンドしてますが、全て79〜86で収まっています。

 

ラウンド中に気持ちが安定してきて、集中力が途切れにくくなりました。

 

もちろん、考え方を変えただけではないと思いますが、大きなポイントだと思っています。

 

皆さんもミスショットしたら、将来的に上手くなるための経験だと心から思ってみて下さい。きっと、スコアは安定しますよ。

 

くれぐれも悔し紛れに

 

『今日は練習だから』と言い訳するのとは違いますのであしからず。