読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンペ前のラウンドで気をつけた方がいい事は?

社内コンペが来週の水曜日にせまっています。

 

ありがたい事にラウンドのお誘いがかかっておりますので、土曜日にもゴルフへ行くことになっています。

 

コンペの4日前なのでちょうどいい調整になりますね。

 

同僚もコンペ前の練習をしておきたいと、家族に言い訳して出てくるようです。

 

皆さま、ゴルフをするのが久々なのでラウンドをして勘をやしなっておきたいようです。

 

普段ゴルフの練習もしてなくて、直前のラウンド練習だけでいいスコアを出そうなんて、虫の良さそうな話に聞こえますが、少し気をつけて回るだけでコンペはいいスコアで回れるかもしれません。

 

まずは、全てのクラブは短めに持つことを心がけましょう。

 

振り回すなら短く持った方が自然にあたります。どうせ、当たらないんだったら長く持って思いきりなんて考えだと自滅します。

 

ドライバーでは、どんくらい曲がるものか確認しておきましょう。

 

コンペ本番で曲がりまくるのですから、事前に慣れておきましょう。

 

セカンドショット以降では、とにかくダブルことを避けて、トップボールを打つようにしましょう。

 

ダフリはボールが全く進まないので最悪、トップはグリーンに近づくからOKと考えましょう。

 

グリーン周りではパターを多用しましょう。コンペ本番でもパターで転がしまくるつもりで今のうちに距離感を磨いておきましょう。

 

パターの最大飛距離を測ってるつもりで、50ヤードあっても試しに転がしてみたらいいと思います。

 

秋になって芝が薄くなってくると意外に転がせます。

 

パターで転がして届かないのなら、ユーティリティで転がすことも試しておきましょう。

 

パターより遠くまで転がせます。打ち方はパターと同じです。

 

ピンまで障害物がなければ、大抵のところからなら転がしでグリーンには乗ります。

 

以上、あくまで応急処置みたいなもんですけど、本番前に試しておくと安心感が違いますよ。