読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後輩に教えた距離感は合うパターのルーティン

昨日のラウンドでは、ラウンドするのが5回目の女の子も一緒でした。

 

75.61の136で回ってきてました。

 

前半はショットはもちろん、グリーンになってからご苦労されておりました。

 

ショットは練習してないもんですから当然当たらないですね。でも、せっかくラウンドきたんだから楽しんで欲しいなってことで昼休みに20分ほどパターレッスン。

 

方向性は無視してまずは距離感が合うように、ルーティンを決めてもらいました。

 

まず、目標を見ながら素振り。『感覚でいいから、二回適当にすぶりしてみー』って

 

んで、『ボールに構えたら、その振り幅とおんなじように打ってみー』

 

ただこれだけなんですけどね。

 

後半は距離感は合ってましたね。一度だけ8メートルくらいのパーパットを3メートルくらいオーバーしてました。

 

気合の入りすぎですね。そのホール以外は2パット以内でいけてました。

 

かくいう、私も後輩に教えながらパター練習。教えたからにはかっこ悪いとこは見せられないと後半はパターは好調。

 

筋肉痛でヘロヘロでゴルフしてましたが、2回だけ訪れたバーディパットを無事決めれました。

 

あっ、1番近くに寄せたバーディチャンスは気合いれすぎてオーバーしてボギーにしました。

 

ここまで似てました。

 

トレーニングのルーティンを守るため今日もジムには行きました。

 

胸を3種、背中を3種、肩を2種で足を1種。

 

よく食べて回復させます。